FXの始め方

為替レートの表示は2wayレート

為替レートの表示は2wayレート


2wayプライス

良くテレビで、為替レートを示すのに「「ドル/円 103.154-103.157」などと表示しますが、これは何でしょうか?




2wayレート表示



2wayプライス2


FXの取引画面には上のような表示があります。これを理解すれば先の疑問も解けますよ。

FX業者が「売る」価格が投資家が「買う」価格になっています。


左側のFX業者が「売る」価格を「Ask」103.157円といい、「Ask」の価格が投資家が「買う」価格です。

米ドル/円のレートで見ると、向かって左にはBid」103.154円という価格があります。これはFX業者が買い取る価格です。投資家から見たらFX業者に「売る」価格です。


「買い」と「売り」はFX業者と投資家とで捉え方が違うので、慣れるまで頭が混乱するかも知れません。

買い価格「Ask」と「売る」価格「Bid」の差がFX業者の利益



私たちが「買う」価格は高い方の「Ask」、「売る」のは安い方の「Bid」です。

ここまで理解したところで既に気づいていますね。
投資家が買った時点ですぐに売っても、わずかな損が最初からあります。

これを「スプレッド」といい、FX業者の利益なんですね。
FX業者のスプレッドの引き下げ合戦で、業者には殆ど利益がありません。



  • ビッド(買値)アスク(売値)という2wayレートはFX業者が提示する為替レートです。
  • 投資家はビッドで売りアスクで買うことになります。



戻る



a:999 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional