FXの始め方

柾木利彦氏スパンモデルを詳細に語る

柾木利彦氏、スパンモデルを詳細に語る



a:944 t:1 y:0




重要ポイント


その日の大局観は1時間足でみる
5分足でエントリーする。
常に1時間足で大局をみながら5分足で売買する。
5分足で売りになっていても、1時間足で大局を判断しないと危険

全ての足で終値まで待って判断することが重要。

5つの大局観で相場を判断する。この判断ができなければ手を出さない。
遅行スパンが、その時間のローソク足に絡むときは調整局面だから手を出さない。

  • 1)上昇トレンド
  • 2)下降トレンド
  • 3)調整の反復上昇相場(調整局面)
  • 4)調整の反落下降相場(調整局面)
  • 5)保ち合い相場、レンジ相場(調整相場)

判断には「スーパーボリンジャー」を利用

細かい売買ポイントを「スパンモデル」で決める



相場判断2つのポイント


遅行スパン(もっとも重要)*一目均衡表の遅行スパン


遅行スパンがローソク足の上にいる→上昇トレンド
基調トレンドを把握

「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」


プラス・マイナス1シグマライン

  1. 1シグマの上にローソク足があるのが本格的な上昇相場



     ⇒ 最強スパンモデルをもっと詳しく知る





戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional