FXの始め方

レバレッジ取引

レバレッジ取引

レバレッジ取引は株も信用取引で3倍のレバレッジが効きます。良く株で大損をしたというのは、この信用取引で大きな損失が生じたという事を意味します。

レバレッジ(テコ)が3倍ですから、100万円の資金で300万円の取引ができます。例えば、100万円の資金で信用取引を行い、1株1,000円の株式を3,000株購入したとします。

それが金融危機その他であっという間に(ストップロスを設定していなかったため)600円まで下がったとします。下がり過ぎた時には人は処分できないものです。処分した途端に上がり始める事を何度も経験していれば尚更できません。

損失は1000-600=400円。400円を3,000株ですから
400円×3,000=120万円 120万円の損失ということは、既に資金100万円は無くなり、更に20万円の借金をしていることになります。

実際には追証といって全て無くなるまで取引が続くわけではなく、投資家保護のために、途中で追証(追加資金)の催促がきます。これを入れなければ強制的に決済されます。

FXではこのレバレッジが25倍まで使えますから、損失も半端なく大きくなります。ストップロスの設定は必ず必要ですし、借金をする前に警告がきます。しかし、その時には殆ど資金を失っていることに成りかねないので、ストップロスを設定したら決して解除しては駄目です。

コメント


認証コード7498

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional