FXの始め方

政策金利

政策金利

中央銀行(日本では日銀、アメリカでは単一の中央銀行ではなく、連邦準備制度(FRS)が中央銀行制度としてある)が、一般の銀行に対して融資する時の金利の事です。

政策金利は中央銀行の金融政策として決定されます。
景気が良い時は政策金利が「高く」、景気が悪い時には「低く」設定されます。

中央銀行が市中銀行(一般の銀行)に貸し出す金利を調整するもく亭は「通貨の流通量のバランス」を調整するためです。

景気が良いとローンや預貯金の金利が上がって、通貨の流通量は低下しますし、景気が悪いと金利が低くなって、預貯金に回す人が少なくなったり、ローンを借りる人が増えるので、通貨の流通量は増えます。


戻る
a:387 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional